【2021年最新】 Google 広告、フレーズ一致と絞り込み部分一致の仕様を変更

ブログ

BLOG

【2021年最新】 Google 広告、フレーズ一致と絞り込み部分一致の仕様を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フレーズ一致アイキャッチ

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の廣畑です。

Google 広告では2021年2月、キーワードマッチタイプのフレーズ一致の動作に、絞り込み部分一致の動作が組み込まれることが発表されました。これにより、フレーズ一致において検索語句の拡張の幅が大きく変わります。
2021年7月に日本語において動作変更が有効になり、絞り込み部分一致については、2021年7月より新規作成が不可となります。

本エントリでは、 Google 広告の検索キーワードのマッチタイプの仕様変更についてご紹介いたします。

キーワードのマッチタイプについて

2021年1月まで、 Google 広告では4つのマッチタイプをキーワードに設定し、表示したい広告に応じて検索語句の拡張範囲をコントロールすることができました。

60201aaf56037635b01c65ad7d639c4d



今回のアップデートに影響されるのは、絞り込み部分一致およびフレーズ一致となります。
絞り込み部分一致では、キーワードの先頭にプラス記号を設定し、記号をつけた語句とその類似パターンでのみ広告が表示されます。フレーズ一致では、キーワードの前後に引用符を設定し、引用符内のフレーズと同じ語順と意味を含む語句で広告が表示されます。

この2つのマッチタイプを設定することでキーワード範囲をコントロールし、意図しない検索語句からの流入やリーチ制限の防止に活用することができました。

フレーズ一致、絞り込み部分一致の仕様変更

2021年2月に Google よりマッチタイプの動作変更が発表され、フレーズ一致の動作に絞り込み部分一致が含まれるようになります。これにより、動作変更後のフレーズ一致では、絞り込み部分一致で拾う検索語句もカバーすることができます。
各国の言語への適用時期について、英語やドイツ語などヨーロッパ圏の言語については2021年2月より適用され、日本語は2021年7月に適用されます。

新しいフレーズ一致ではマッチング動作が変わるため、語順が逆になることで意味が変わる検索語句や、設定したキーワードと意味が異なる検索語句では広告表示がされません。主なキーワードの例は以下の通りとなります。

マッチタイプ



このように、従来ではキーワードの不要な拡張やリーチ制限を防止するために、2つのマッチタイプを別々に登録する必要がありましたが、フレーズ一致に絞り込み部分一致が組み込まれることで、キーワードリーチを十分に確保できるとともに、工数の削減によりアカウント管理がしやすくなります。

(参考:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について
(参考:キーワードのマッチタイプについて

キーワード登録における今後の対応について

キーワードのマッチタイプ動作の変更により、今後のキーワード登録時の注意点や、検索広告を配信する際の対応、ポイントについてご紹介いたします。

絞り込み部分一致について

2021年7月までは、絞り込み部分一致の作成は可能ですが、新しいフレーズ一致と同じ動作で広告が表示されます。
また「+コーヒー 豆」のような、一部のキーワードにのみ絞り込み部分一致を設定することができなくなります。
※既に設定したキーワードを編集する場合、マッチタイプではフレーズ一致として更新されます。
また2021年7月には、絞り込み部分一致の登録ができなくなります。

キャンペーンで成果を上げるためのポイント

マッチタイプ動作の変更により、今まで利用していたキーワードのパフォーマンスが変動する恐れがあります。下記のポイントを念頭に、広告の配信調整を随時行っていく必要があります。

(1)キーワードの入札単価を調整する

新しいフレーズ一致では2021年1月以前よりもトラフィックが増加する可能性があるため、定期的にパフォーマンスを確認して入札単価や予算の調整を行いましょう。

(2)新しいキーワードを追加する

「+コーヒー 豆」のように、一部の語句にのみ絞り込み部分一致を設定しているキーワードではトラフィックが減少する可能性があると Google では紹介されています※。キーワードのトラフィックが減少する場合は、新しいフレーズ一致キーワードを追加して配信ボリュームの増加を狙っていきましょう。
また Google 広告の「最適化案」では、キャンペーンのパフォーマンス向上のため、新しいキーワードの追加や重複キーワードの削除など、おすすめの設定を表示してくれるので、積極的に活用しましょう。

※参照元:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について

(3)除外キーワードを追加する

広告表示の意図から外れる検索語句は、除外キーワードとして追加していきましょう。なお、今回の動作変更は除外キーワードの動作には影響はありません。

(参考:検索広告を目的のユーザーに表示しやすくするために

おわりに

本エントリでは、 Google 広告のマッチタイプの動作変更についてご紹介いたしました。
絞り込み部分一致とフレーズ一致で分けて登録していたキーワードを、まとめてフレーズ一致として登録することになり、アカウント管理の効率化に大いに役立つことが期待できます。一方でマッチタイプが変わることで広告が表示される検索語句が変わる可能性があり、パフォーマンスの変動に注意して配信を行っていくことが重要です。

当社では Google 検索広告をはじめ、リスティング広告の運用代行を承っております。
当社は Google Premier Partner Awards において、当社の実績が認められ検索広告部門で賞をいただいたこともあります。

また、「 Yahoo! マーケティングソリューション パートナープログラム」において、特別認定パートナー(広告運用パートナー)に認定されています。
2020年度下期で「広告運用パートナー」に認定された正規代理店は全国で32社、大阪に本社をおく正規代理店としては関西4社のみとなります。

リスティング広告の運用代行についてご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

リスティング広告運用代行はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×