【2022年最新版】Google 検索広告、拡張テキスト広告の作成と編集のサポートが終了

ブログ

BLOG

【2022年最新版】Google 検索広告、拡張テキスト広告の作成と編集のサポートが終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アップデート情報】Google

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の廣畑です。

Google 広告 検索キャンペーンでは、これまで拡張テキスト広告とレスポンシブ検索広告が設定できましたが、2022年6月30日より、拡張テキスト広告の新規作成・編集ができなくなります。
今後はレスポンシブ検索広告のみが新規作成・編集が可能になり、より効果的に広告文の改善が必要です。

本エントリでは、 Google 広告の拡張テキスト広告の新規作成の終了、およびレスポンシブ検索広告での効果的な設定方法についてご紹介いたします。

GC-Official_Blog-Banner_728x90_A



Google 広告:拡張テキスト広告の新規作成終了



拡張テキスト広告の新規作成終了

Google 広告 検索キャンペーンでは、これまで拡張テキスト広告とレスポンシブ検索広告の2種類を設定できました。

  1. (1)拡張テキスト広告:広告見出し3個、説明文2個のアセットで構成
  2. (2)レスポンシブ検索広告:広告見出しが最大15個、説明文が最大4個のアセットで構成

今回のアップデートでは、2022年6月30日より検索キャンペーンではレスポンシブ検索広告のみが新規作成および編集が可能になります。

この変更に伴い、新たに拡張テキスト広告の新規作成および編集はできなくなりますが、既存の拡張テキスト広告は引き続き配信され、レポートで配信結果も確認できます。
なお、動的検索広告および電話専用広告はこれまでと変わらず作成・編集が可能です。



レスポンシブ検索広告の作成について

レスポンシブ検索広告では、複数の広告見出しと説明文を入力すると、組み合わせが自動的にテストされます。
広告の機械学習により、最も効果の高いアセットの組み合わせが選ばれるため、拡張テキスト広告よりコンバージョンの向上が期待できます。

アセット入稿規定
レスポンシブ検索広告



また Google によると、アセットはそのままで拡張テキスト広告からレスポンシブ検索広告に切り替えた場合、現在と同程度のコンバージョン単価を維持しながら、コンバージョンが平均7%増加すると発表されております。
拡張テキスト広告の追加作成の終了により、今後はレスポンシブ検索広告が主流となります。

Google 広告 レスポンシブ検索広告の基本と運用方法については、下記の記事でご紹介しておりますので、こちらもぜひご参照ください。

拡張テキスト広告廃止に備える!今さら聞けない「レスポンシブ検索広告」入稿と運用の基本



Google 広告:レスポンシブ検索広告の効果的な設定方法

Google 広告 レスポンシブ検索広告では、拡張テキスト広告よりもテキストの選択肢が増えますが、より成果を出すために、レスポンシブ検索広告の特徴やポイントを抑えた上で設定を行いましょう。



広告見出し・説明文は上限まで設定する

上述の通り、レスポンシブ検索広告では広告見出しが最大15個、説明文が最大4個設定できますが、これらを全て含めることがオススメです。

レスポンシブ検索広告では、成果に繋がりやすいアセットが自動的に組み合わせるため、どの訴求が効果的かを評価する上でも、可能な限り全てのアセットは設定するようにしましょう。



検索キーワードを広告見出しに含める

拡張テキスト広告と同様に、レスポンシブ検索広告では検索キーワードを広告見出しに含めるようにしましょう。
検索キーワードを広告見出しに含めることで、ユーザーが検索したい情報と広告が一致しやすくなり、広告のクリック率の向上が期待できます。

最大15個の広告見出しの中では、独自性のあるキャッチコピーに加えて、よく使われる検索キーワードを盛り込むことがポイントです。
ただし似たような広告見出しが多くならないように注意が必要です。

またレスポンシブ検索広告では、キーワード挿入・地域の挿入・カウントダウン機能にも対応しています。
特にキーワード挿入機能では、ユーザーの検索語句でヒットした検索キーワードが広告見出しに挿入されるため、広告との関連性を高める上でも効果的です。

RSAオプション機能



広告の有効性を高める

レスポンシブ検索広告を設定する際、「広告の有効性」という指標を確認することができます。
これは作成したレスポンシブ検索広告の効果についてのフィードバックと、機械学習を促進してより改善するために必要なアクションを提示する指標で、広告の独自性と関連性に応じて左右されます。

広告の有効性



広告の有効性を「高い」または「非常に高い」にすることがポイントです。
有効性を高めるためには、検索キーワードが広告見出しに含まれているか、アセットが独自性のあるものかが問われ、有効性が高いほどコンバージョンの向上が期待できます。



おわりに

本エントリでは、 Google 広告の拡張テキスト広告の新規作成の終了、およびレスポンシブ検索広告での効果的な設定方法についてご紹介いたしました。
今後 Google 広告ではレスポンシブ検索広告が主流となっていくため、レスポンシブ検索広告で成果を伸ばせるよう、ポイントを抑えながら運用していきましょう。

当社では Google 広告をはじめ、リスティング広告の運用代行を承っており、 Google Premier Partner Awards 2021においては、当社の実績が認められオンライン販売部門で最優秀賞をいただいております。

【株式会社グラッドキューブ】 Google主催「Premier Partner Awards2021」において「オンライン販売部門」で最優秀賞を受賞

今回ご紹介した Google 広告最適化機能を含め、当社では広告の最新情報をピックアップし、広告運用に活用しております。
リスティング広告の成果や運用に関してお悩みの方は、一度ご相談くださいませ。

▼リスティング広告のお問い合わせはこちら
リスティングリンク

▼グラッドキューブの実績はこちら
group

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

(引用:再度のご案内: 2022 年 6 月 30 日をもって、拡張テキスト広告の作成と編集のサポートが終了します
(引用:レスポンシブ検索広告について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×