タグマネージャーの選び方・使い方( Google タグマネージャ設定 要素の表示・タイマー編)

ブログ

BLOG

タグマネージャーの選び方・使い方( Google タグマネージャ設定 要素の表示・タイマー編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の柿木です。

過去7回のエントリにて、 Yahoo! タグマネージャー(以下: YTM )、 Google タグマネージャ (以下: GTM )の使い方をご紹介いたしました。

本エントリでは GTM を利用して、「特定の要素が表示された回数」と「一定時間以上、ページに滞在したユーザー数(セッション数)」を Google AdWords 上で計測する方法をご紹介いたします。

これらの要素を計測することで、どれだけのユーザーがコンテンツを見たか、ページに滞在したかという情報を把握することが可能となり、配信設定を最適化する際の材料にすることができます。

スポンサーリンク

GTM の利用手順

利用手順

GTM を利用する際の手順は(1)~(4)です。

  • (1) GTM タグを発行する
  • (2)広告媒体のタグを発行する
  • (3)タグを作成する
  • (4)トリガーを設定する
  • 以下、(1)~(3)の簡単な流れと(4)に関して詳述いたします。
    (1)~(3)に関してはタグマネージャーの選び方・使い方( Google タグマネージャ 設定編)にてご紹介していますので、ご参照ください。

    (1)~(3)の簡単な流れ

    GTM に登録し、 GTM タグを発行して、全ページにタグの設定を行います。

    タグの発行と設定が完了したら広告媒体のタグを設定します。
    複数の要素(バナーやフッターなどの要素)が表示された回数をそれぞれ計測した場合は、要素の個数に応じてタグを発行します。

    また、タイマーも複数パターン(30秒、60秒など)計測したい場合は、そのパターン数に応じてタグを発行します。

    広告媒体のタグが発行できたら、 GTM でも同数分のタグを設定します。
    前回前々回までと異なるのはここからです。

    (4)トリガーを設定する

    ここまでの設定が済んだらトリガーを設定します。
    おおよその流れは同様ですが、条件が異なるため、前回までとは別のトリガーを設定します。

    【トリガー】【新規】の順に選択し、【編集ボタン】をクリックします。
    リンククリック3 トリガーの設定

    要素の表示

    トリガーのタイプは、【ユーザーエンゲージメント】の【要素の表示】を選択します。
    要素の表示トリガー選択

    トリガー設定では、それぞれ以下のような項目を指定することが可能です。

  • 選択方法: ID or CSS セレクタから指定の方法を選択する。
  • 要素 ID ・セレクタ:指定の要素を入力する。指定した要素が視認された際にタグが起動する。
  • トリガーを起動するタイミング:1ページにつき1度 / 1要素につき1度 / 各要素が表示される度の3種から選択する。
  • 視認の最小割合:1~100の任意の数値を入力する。50を入力すると指定した要素が50%以上視認された場合にタグが起動する。
  • 画面上での最小表示時間を設定:任意の数値を入力する。タグの起動に時間の条件をつける。
  • このトリガーの発生場所: URL やリンク先 URL などトリガーの起動条件を設定する。
  • 今回は具体的に以下の設定を行います。
    要素の表示

  • 選択方法: ID
  • 要素 ID ・セレクタ:banner01
  • トリガーを起動するタイミング:1ページつきに1度
  • 視認の最小割合:50
  • 画面上での最小表示時間を設定:なし
  • このトリガーの発生場所: Page URL 、 www.glad-cube.com/ 、等しい
  • 上記のような設定をすることで、「 www.glad-cube.com/ 」のページ内で「 id=”banner01″」が含まれている要素が「 50% 」以上表示された際に、「 1ページにつき1度 」起動する設定となります。

    計測したい要素にユニークな id が設定されている必要があるため、ユニークな id が設定されていない場合は追加で設定を行う必要があります。

    タイマー

    一定時間以上、ページに滞在したユーザー数(セッション数)を計測する場合、トリガーのタイプは、【その他】の【タイマー】を選択します。
    タイマートリガー選択

    トリガー設定では、それぞれ以下のような項目を指定することが可能です。

  • イベント名:任意のテキストを入力する。
  • 間隔:指定の数値を入力する。タグが起動する時間を設定する。
  • 制限:起動させる回数の上限を指定する。
  • このトリガーの発生場所: URL やリンク先 URL などトリガーの起動条件を設定する。
  • 今回は具体的に以下のような設定をおこないます。
    タイマー

  • イベント名:gtm.timer60
  • 間隔:60000
  • 制限:1
  • このトリガーの発生場所: Page URL 、 www.glad-cube.com/ 、含む
  • 上記のような設定をすることで、「 www.glad-cube.com/ 」を含む全ページでユーザーが「 60秒(60000)以上 」滞在した際に、「 1回のみ 」起動する設定となります。

    イベント名はどのような名称でも構いません。

    プレビューモードで確認

    前回前々回の時と同様に、プレビューモードを利用してタグの動作を確認します。
    画面右上の【プレビュー】をクリックした後、別のタブでタグと計測の設定を行ったページを開き、タグの起動条件を満たします。

    画面内でタグの動作が表示されれば確認完了です。
    確認が完了したら【公開】を選択してスクロール計測の設定は終了です。

    おわりに

    これまで YTM 、GTM に関して過去7回にわたってご紹介してまいりました。

    今回の記事で述べた「タイマー」の設定や、前回の記事で触れた「スクロール」の設定は YTM であれば少々時間と手間がかかりますが、 GTM であればご紹介したように容易に設定が可能です。

    ユーザーは購買や申込などのアクションに至るまでに、ページ閲覧、クリックなど様々な行動をとります。
    これまでご紹介してきたような指標を計測して、よりユーザーが滞在している・閲覧しているターゲティングに広告の配信を集中させることで、広告配信の成果向上を見込むことができます。

    次回の記事では、 YTM で「一定時間以上、ページに滞在したユーザー数(セッション数)」を計測する方法を発信してまいります。

    タグマネージャを利用して様々な指標を設定した上で、広告を運用したいという方はぜひ1度お問い合わせください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

    自社開発ASPサービス・メディア

    トップ
    サービス
    ブログ
    スタッフ
    お問い合わせ